宅建の試験勉強を独学でする|参考書の選び方を徹底リサーチ

通信講座が有効です

勉強道具

過去問の学習が有効です

宅建の正式名称は宅地建物取引主任士で、国家資格です。宅建の国家資格試験は、多数の受験者が受験する日本で一番有名な資格試験の一つです。不動産業界等で働く人には、必要な資格のひとつです。就職、転職や独立開業の際には、有利となる資格です。宅建試験の合格率は年によって変動はありますが、15パーセントから17パーセント程度です。宅建試験の合格を目指す場合には、専門学校へ通学したり、通信講座を受講することで勉強することができます。市販のテキストや問題集を使用することで、独学での学習でも宅建試験の合格は十分可能です。宅建試験を独学で勉強する場合には、十分な学習計画を立てる必要があります。宅建試験は年1回しか実施されない資格試験です。宅建試験は、毎年10月の第三日曜日に実施されます。宅建試験の勉強を独学で行うためには、効率的なテキストや問題集を使用して学習する必要があります。専門学校の通信講座を使用することで、独学でも効率的に学習することができます。通信講座で使用するテキストは、重要なポイントを記載したり、過去の試験の傾向を分析した内容となっています。資格試験では過去に出題された問題が何度も出題される傾向があるため、過去問中心に学習する必要があります。インターネット上には、通信講座の合格体験記や口コミ情報などが掲載されていますので、これを利用することが効率的です。通信講座を受講する前に、無料のサンプル資料やDVDなどを確認することで、自分にあったものであるかどうかを確認することができます。