宅建の試験勉強を独学でする|参考書の選び方を徹底リサーチ

合格のための勉強方法

不動産模型

出題傾向を見極める

宅建士の資格試験を独学で合格するためには、試験範囲を網羅的に勉強するのではなく、過去の試験の出題傾向を見極めつつ、頻出する部分だけに的を絞って勉強するのが肝心です。宅建士の試験範囲は非常に範囲が広く、また法律関係の知識が必要となってきますが、過去の試験問題を紐解くと、毎年必ず出題される部分と、十年に一度くらいしか出題されたことのない部分があることがわかってきます。これは、専門のスクールなどに通っている場合であれば、講師がその傾向をあらかじめ教えてくれるのですが、独学の場合は、とにかく過去問題集を多くこなして、出題傾向を探っていく必要があります。独学での勉強で注意しなければならないのは、さほど重要でない知識に囚われすぎないことです。宅建士の資格試験における合格ラインは、毎年一定ではなく、受験者総数のパーセンテージで決められます。これは言い換えれば、試験問題の中で難問と呼ばれるものは、ほとんどの受験者が正解できない問題だということです。誰もわからない問題であれば、たとえそれができなかったとしても、試験の合否には影響ありません。逆に、誰もが得点できる問題を落としてしまうほうが、大きなミスとなります。そのため、宅建士試験のテキストや問題集を購入するさいには、独学に適した形式のものを選ぶ必要があります。テキストであれば、過去の試験でどれだけ頻出したかがひと目でわかるものを、問題集であれば過去問題集、それも、出題回数でランクづけされているものを選ぶことで、効率的に勉強することができます。