宅建の試験勉強を独学でする|参考書の選び方を徹底リサーチ

通信講座が有効です

宅建試験は、多くの人が受験する国家資格試験です。宅建試験は、書店などで販売されているテキストや問題集を使って独学で勉強することができます。また、資格試験合格には、通信講座を利用することが効率的です。資格試験では、過去問が出題される傾向がありますので、過去に出された問題を中心として勉強していくとよいでしょう。

婦人

スケジュール管理も大事

宅建を独学で勉強するためのポイントは、無理のないスケジュールを作成しそれにそってススメていくことが大事です。独学である以上、管理するのも自分です。進捗管理や達成度合いを測る上で、スケジュール作成は大事なことです。

不動産模型

合格のための勉強方法

宅建士の資格試験に独学で合格するためには、何より過去の試験の出題傾向を見極めたうえで勉強する必要があります。毎年出題されている範囲だけに的を絞り、出題回数でランクづけされた過去問題集やテキストを購入し、効率的に勉強することが合格の鍵となります。

継続できる勉強方法を選ぶ

ウーマン

参考書やアプリを使用

宅建は就職や転職の際に所有していると評価をアップすることができます。また、不動産業界で働いている場合は資格手当や昇格などのメリットがあるため、魅力的な資格と言えます。ただし、毎年数十万人という受験者に対し、合格率は1割台で推移していることから、簡単に合格できるわけではないと理解が必要です。不動産業界で働いた経験があれば、仕事の知識を活かせるので勉強時間を減らせますが、初めて勉強する場合に1回の受験で確実に合格したいと考えている場合は、継続して勉強できる方法を選ぶことが大切です。学生や社会人という立場で宅建の取得を試みる時は、勉強に充てられる時間が限られているので独学を選ぶことが多いです。独学は勉強のペースや取り組む分野を自身で決定可能ですが、甘えが発生してしまうと知識の習得が遅れてしまいます。そのため、独学で勉強する場合ほど継続するために合う参考書選びが欠かせません。参考書は書店で販売されているため中身を見た上で購入できますが、書店の規模によっては種類が少ないケースは考えられます。しかし、宅建の参考書はインターネット通販で販売されているため、書店で販売されている物の種類が少ない時に利用をおすすめします。また、最近では独学で宅建を取得する者に向けて携帯電話のアプリが登場しています。参考書を通学や通勤の際に持ち歩くと重さや鞄のスペースという問題が発生しますが、携帯電話の中のアプリであれば持ち歩きは簡単です。